脱毛した後にかかせない保湿とは?おすすめの保湿剤はどれ?

光脱毛のメカニズムは、特殊な光を照射することで毛根のメラニンへと働きかけ、毛を落としていくことです。
そのため、施術後の肌には一定のダメージが蓄積されており、保湿を始めとするアフターケアを欠かすことはできません。自己ケアの保湿に付いて、またその際に使用するおススメの保湿剤に付いて調べてみました。
脱毛後の肌というものは、光を当て続けたために水分を奪われてしまっています。つまり肌が乾燥している状態ですが、この時の状態は非常に敏感になっていて、保湿で皮膚をバリアしないとさらに傷付き、シミやシワの原因にもなりかねません。
保湿を怠ってしまうと脱毛効果自体が低下してしまう可能性もあります。水分を奪われた肌は角質層が厚くなる傾向があるので、光が毛根にまで届きにくくなってしまうのです。
また、乾燥傾向にある肌は施術中に痛みを感じやすくなります。光照射は光を用いて毛根に熱を与えて弱らせる、または破壊することを目的としているのですが、肌の水分量が少ないと熱を受けた時に緩和することが叶いません。
乾燥が酷い場合には、施術自体を断られてしまう可能性もありますので、保湿などのアフターケアはしっかりと行ってください。

その肝心の保湿剤ですが、これに関しては敏感肌用、あるいは低刺激と記載されているものを選ぶようにしましょう。と言うのも、脱毛後の肌は熱を与えているため、軽い火傷状態なのです。
日焼けをイメージして頂けると分かりやすいかもしれませんが、この肌に香料などが入った保湿剤をつけると沁みてしまい、痛みを感じます。同時に、保湿剤はバームのように固形に近く油分のものは避けるようにと調べに在りました。
理由は、塗る際と落とす際に肌をこするしかないので、摩擦によって余計に肌が傷つけられてしまう可能性があるということが1点あげられます。
さらに言うと、油分の高いものが毛穴に入ってしまうと脱毛の妨げになることに加え、雑菌が繁殖してしまうと毛嚢炎などの原因になることもあります。結果、保湿剤は乳液、ローション、クリームなど油分が少ないものを優しく塗布するようにしましょう。
脱毛後の保湿の重要性と、選ぶべき保湿剤については分かって頂けたかと思います。施術して一安心するのではなく、次の脱毛に向けて肌を準備しておくつもりでしっかりとアフターケアを行ってください。その中でも保湿は基礎中の基礎ですので、決して怠らないようにして欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です