脱毛した後にかかせない保湿とは?おすすめの保湿剤はどれ?

光脱毛のメカニズムは、特殊な光を照射することで毛根のメラニンへと働きかけ、毛を落としていくことです。
そのため、施術後の肌には一定のダメージが蓄積されており、保湿を始めとするアフターケアを欠かすことはできません。自己ケアの保湿に付いて、またその際に使用するおススメの保湿剤に付いて調べてみました。
脱毛後の肌というものは、光を当て続けたために水分を奪われてしまっています。つまり肌が乾燥している状態ですが、この時の状態は非常に敏感になっていて、保湿で皮膚をバリアしないとさらに傷付き、シミやシワの原因にもなりかねません。
保湿を怠ってしまうと脱毛効果自体が低下してしまう可能性もあります。水分を奪われた肌は角質層が厚くなる傾向があるので、光が毛根にまで届きにくくなってしまうのです。
また、乾燥傾向にある肌は施術中に痛みを感じやすくなります。光照射は光を用いて毛根に熱を与えて弱らせる、または破壊することを目的としているのですが、肌の水分量が少ないと熱を受けた時に緩和することが叶いません。
乾燥が酷い場合には、施術自体を断られてしまう可能性もありますので、保湿などのアフターケアはしっかりと行ってください。

その肝心の保湿剤ですが、これに関しては敏感肌用、あるいは低刺激と記載されているものを選ぶようにしましょう。と言うのも、脱毛後の肌は熱を与えているため、軽い火傷状態なのです。
日焼けをイメージして頂けると分かりやすいかもしれませんが、この肌に香料などが入った保湿剤をつけると沁みてしまい、痛みを感じます。同時に、保湿剤はバームのように固形に近く油分のものは避けるようにと調べに在りました。
理由は、塗る際と落とす際に肌をこするしかないので、摩擦によって余計に肌が傷つけられてしまう可能性があるということが1点あげられます。
さらに言うと、油分の高いものが毛穴に入ってしまうと脱毛の妨げになることに加え、雑菌が繁殖してしまうと毛嚢炎などの原因になることもあります。結果、保湿剤は乳液、ローション、クリームなど油分が少ないものを優しく塗布するようにしましょう。
脱毛後の保湿の重要性と、選ぶべき保湿剤については分かって頂けたかと思います。施術して一安心するのではなく、次の脱毛に向けて肌を準備しておくつもりでしっかりとアフターケアを行ってください。その中でも保湿は基礎中の基礎ですので、決して怠らないようにして欲しいと思います。

ハイジニーナ脱毛とは?エステサロンの脱毛で無毛にできる?

デリケートゾーンの脱毛をVIO脱毛と言いますが、これにはもう一つの別名があってハイジニーナ脱毛とも言うのです。
衛生を意味するハイジーンから作られた単語で、現在ではこの部位の脱毛はワキや脚と同じくらい注目されています。ここではエステサロンで行われるハイジニーナ脱毛について説明していきます。
先述した通り、ハイジニーナ脱毛はVIO脱毛の別称です。これはアンダーヘアを全て脱毛することを指していて、基本的にVIOの3つの部位全てを無毛の状態にすることを意味します。
ハイジニーナ脱毛のメリットはいくつか存在していて、アンダーヘアの脱毛はその名の通り衛生面でもかなり効果的であると指摘されていました。特に夏場など、蒸れてしまう季節などは特に脱毛することで下着の通気性が増しますし、雑菌の繁殖を防ぐことにもつながります。
蒸れるのが嫌だったり、水着などを着る際に自己処理をしなければいけない時に、自分で下手にやってしまうと肌トラブルの原因にもなってしまうのです。
炎症のみならず、色素がさらに沈着して黒ずみの原因にもなりますし、毛嚢炎という病気になってしまう可能性も捨てきれません。特に目視できないゾーンですので、無理な自己処理はやるべきでは無いでしょう。
ハイジニーナ脱毛をすることで、以上のような不快感や面倒な処理をしなくて済むようになりますが、いくつかの留意点は存在します。まず、エステ脱毛では無毛の状態になるまでにはかなりの時間がかかるということです。

アンダーヘアは毛が太く、濃いのに加え皮膚が弱いデリケートゾーンでもあります。医療機関では無いため、サロンでは弱い光を何度も照射することで施術を行いますが、完全に無毛になるには3年ほどの時間が必要となるでしょう。
そう考えると医療機関の方が施術は早く済むのですが、レーザー脱毛という高出力で光を当てるのでかなり痛いらしいです。
麻酔での痛みの緩和は個人差がありますし、別途費用がかかることになるので、脱毛サロンに比べると高くついてしまいます。痛みや肌への負担を考えれば、時間はかかりますがサロンでのハイジニーナ脱毛がおススメです。
ハイジニーナ脱毛は自己処理をする必要が圧倒的に少なくなり、何より衛生面でも効果が見られるので、最近では注目されている脱毛です。
また、エステサロンでの脱毛は無毛になるまでに18回以上の施術、期間にして3年以上かかってしまうことは避けられません。とは言え、痛みも少なく女性に施術してもらえるので、気になる方は調べてみてくださいね。



ハイジニーナ脱毛痩身エステ Vitule(ヴィトゥレ)

エステサロンで行う脱毛費用は安い?トータルでかかる費用とは

エステサロンでの脱毛は安いと耳にすることはありませんか?事実、エステでは無料体験や初回限定半額など様々なキャンペーンを設けていて、費用を鑑みた時の最初の敷居は低いように思えます。
しかしながら、実際のところ脱毛費用のトータルがどれだけかかるのか知っている方は少ないかと思いますので、確認していきたいと思います。
一概に脱毛と言ってもコースによって様々です。全身なのか、部分なのかでも金額は大きく変わってきてしまいます。全身脱毛で調べていくと12回コースの料金は大体20万円以上はかかってしまうサロンが多く、さらに高いところでは30万円以上と指摘されていました。
とは言え、全身に加えて顔やVIOも含んだ値段ですので、決して高すぎるというわけではありません。部分脱毛では比較的どの部位も5万円以内で施術することができるのですが、VIOに関してはデリケートな施術を要するので、所によっては10万円を超える場合があるのです。
また、以上の表記は全て12回あたりの相場で、光脱毛の性質上、12回行ったとしてもまだムダ毛が気になることもあります。
平均的に18回の脱毛処理を行えばすべすべの肌を手にすることができるのですが、そうなりますとさらに6回分追加でかかるということになるのです。そうなりますと、全身脱毛の場合ではトータル費用が30万から45万となります。

決して安くはない金額であることに変わりはありませんが、本来脱毛は月に何度も行うものではありません。脱毛には毛周期が重要となっていて、この周期に合わせて施術をすることで効果を発揮できるのです。
それが大体2ヶ月から3ヶ月と言われていて、その度に光を照射して徐々に毛を薄くしていきます。高額であるため一度に支払うよりもコースだけ選択して月の分割払いで払っていくことも可能です。
一見すると払いきれない値段かもしれませんが、一括払いをする必要も無いので払っていけるかと思います。また、誕生日キャンペーンなど様々な特典もあるので、あらかじめ料金形態を調べた上で自分に合ったものを探してみてください。
説明の通り、脱毛をすると言っても決して安くはないため、事前の調べというものが大変重要になります。
分割払いを導入しているので、月に自分がどれだけ払えるのか、また金額に応じた効果をきちんと実感できるのかという点も含めて脱毛サロンを決めるべきでしょう。お財布に負担をかけずにストレス無く、美しい肌を目指してください。



脱毛・エステの専門サロン【RAYVIS】