下半身強化は筋トレの基礎?内転筋を自宅で鍛える方法を伝授

リバウンドしにくいダイエットをするために勧められるのが下半身強化の筋トレです。
特に内転筋を鍛えることがダイエットに効果的と言われています。

無理なく続けられて、自宅で簡単に内転筋を鍛えられる方法を紹介します。
最初に体を引き締めてモテモテになるのに、どうして下半身強化が必要なのか説明していきます。

下半身が引き締まって、脚が細くなったり引き締まったお尻になったりするとモテます。
なぜなら体の中で下半身にはたくさん筋肉がついているため、その筋肉が引き締まればダイエット効果が高くなるからです。

腰から下の部分へ筋肉がつくことによって基礎代謝がアップし、ダイエットと美容効果を得られると考えられています。
下半身強化をしていけば脂肪が燃焼されやすくなり、体重は徐々に減っていきます。
脂肪を燃焼しやすい体を作るために下半身強化は欠かせないのです。

どんな下半身強化の筋トレをしていけるでしょうか。
まずタオルを膝の間に挟んで家事などをしてみてください。
タオルを挟みながら家事をすることで、お尻が引き締まったり腹筋が鍛えられたりします。
おなかの筋肉に力を入れることを意識しながら、このエクササイズをしてみてください。

続いて内転筋を鍛える方法を伝授します。
内転筋を鍛えるにはスクワットがおすすめで、重点的に内転筋を鍛えていくワイドスタンススクワットを実践してみてください。

ワイドスタンススクワットとは、普通のスクワットよりも脚を広げて行うものです。
このスクワットをすることで、内転筋やその周りの大腿四頭筋やハムストリングスも鍛えられます。

ワイドスタンススクワットの正しいやり方を解説します。
まず脚を肩幅より少し広げて立ち、つま先は外側へ向け、背筋を伸ばし胸を張ってたってください。
胸の前で腕を組み、息を少しずつ吐きながらスクワットをします。
一番下まで腰を下ろしたら、そこでストップしてください。
それから息をゆっくり吸いながら元の状態へ起き上がっていきます。

このスクワットを15回から20回ほど繰り返していくと内転筋が鍛えられます。
ワイドスタンススクワットをするときに、内ももの力で体を起き上がらせるようにします。
筋トレの効率を高めるために呼吸法はとても大切で、息を吐きながら体を下げること、そして息を吸いながら体を起き上がらせることを忘れないでください。

モテる体を手に入れるには下半身強化ダイエットを行うことが必須です。
今回紹介した内転筋を鍛える筋トレを実践して、リバウンドしにくいダイエットをしてくださいね。

ワイドスタンススクワットはどこでも行えるので続けやすいですよ。

スタイルの良い体つきになれる筋トレ方法は?どこを鍛えれば良い?

ダイエットするのはいいのですが、ただ痩せ細るのも考えものです。
モテモテになるためにも、余計な部分の脂肪を落として健康的に美しく痩せたいですよね。
そのための自宅でできる効果的なトレーニング法を紹介します。

男女ともに痩せたい部分の第一位は、なんといってもお腹周りでしょう。
お腹にくびれを出して美しいボディラインをモノにすれば、きっとモテモテになるでしょう。
そのためには、やはり腹筋運動をするしかありません。

とはいってもなにも難しいものではなく、特に専用の器具も必要ありません。
自宅で簡単にできる腹筋運動はいくつかありますが、人気のトレーニング方法のひとつは以下の通りです。

まず仰向けに寝て、両足を肩幅に開いて足の裏をしっかりと床に付けて膝を上に曲げます。
両腕は床から少し浮かせて、腰の左右のあたりに自然に伸ばしておきます。
次に腰から上の部分を床から少し浮かせます。
この状態でまず右側に腰から上を水平のまま向けて、右手で右の足首をタッチします。

次に左側に体を水平のまま向けて、左手で左の足首をタッチします。
背中や頭が床に付かないように注意しながら、右左と繰り返します。
この運動は脇腹だけでなく、お腹全体の脂肪を燃焼させるのに効果的です。

次に気になるのは、やはりお尻や太ももなど下半身の脂肪です。
お尻は脂肪を落とすだけでなく、上向きにキュッと引き締まった形の良いものにしたいですね。
お尻と太ももを同時に引き締めるには、スクワットが効果的です。
スクワットにもいくつかの方法がありますが、一例を以下に記します。

まず正面を向いて立ち、両手を肩幅のまま前方に伸ばします。
伸ばした両腕を水平に保ち、背筋をまっすぐにした状態で前方に少しずつ傾けながら、ひざをゆっくりと曲げていきます。
この時ヒップアップを意識し、腰と太ももの筋肉に負荷がかかるようにすることが大切です。

太ももが床とほぼ並行になるまで曲げたら、元に戻します。
このひざの屈伸を無理のない範囲で繰り返します。

腹部と下半身の筋力運動を紹介しましたが、さらにダイエット効果を上げるには、有酸素運動との組み合わせがベストです。
有酸素運動も特にジムへ通ったりする必要などありません。
毎日数十分散歩をしたり、エレベーターの代わりに階段を利用したり、車の運転をなるべく控えて徒歩や自転車を使うなどの日常生活の意識付けで十分です。

モテモテの美ボディを手に入れるためのコツは、少しずつでもいいから毎日続けることです。
食事はしっかりと摂って、無理のない範囲で焦らず気長にトレーニングしましょう。